急募!各中学の年間スケジュール!

生徒たちにしっかりお願いをするのを忘れていたので、ブログに書いてみました。今日の中3にお願いしようと思っていますが、もし、このブログをご覧になられた保護者の方いらっしゃいましたら、子供に持たせてください。




さくら個別の國立先生がこんなブログの紹介をされていました

「本好きの子を作るにはコツがある」さくら個別のブログ

ここで紹介されていたブログがこちらです

子どもたちがどうやら「本好き」になってきたので、意識してやったことを書いてみる

要は幼いうちから環境を整えれば本好きになるよ~ってことです。
これは自分自身本好きだったので、とても納得がいきます

僕の場合は、①母親が保育士をやっていた関係で自宅の本の量がとても多かったこと。②本だけはほぼ無制限に買ってもらえたこと。③自分でも記憶のないくらいの幼いころに読み聞かせや、昔話を毎日聞かせてもらったこと。以上の3つが大きかったように思えます。あとはそれ以外の要因では時代背景もありますね。スマホやPCは無い世界でしたからね。

紹介されているブログの内容にはとても共感を覚えるのですが、塾としての問題はその先にあります。そしてそれこそが僕が塾を始めてから最も克服したい課題であり、なかなかその糸口が見えずに困っている部分でもあります。

ブログで紹介されている内容は、低年齢のお子さんのいる家庭に有効な内容だと思うのです。自我がはっきり芽生えている小学校高学年の生徒、そして中学生には難しい内容のような気がしてなりません。そして塾に通っているのは間違いなく後者です。本を読まない中学生を本好きにするにはどうしたらよいのか?そこまでは求めないにしても、国語を解かせるにはどうしたらよいのか?そこに試行錯誤する毎日です。

今のところ蒼心塾で有効とされている国語対策は主に2つです。

①自力で文章を読める学年まで戻って読解演習
②説明文の要約


①は国語復活講座として国語を上げたい生徒に受講してもらっています。②は主に自習の時間に取り組んでもらったり、高校生に取り組んでもらっています。

どちらも効果的だと思ってやっているのですが、僕の実感としてはこれではまだまだ足りない。そして面白みに欠けるといったところです。

今週末には、愛知県内の塾の先生の集まりがあります。そこでまた有力な情報を得てこれたらと思っています。
今日はこのへんで。
昨日に続き、生徒へのアドバイス

今日は4月の中2へ

中2に言いたいことはいろいろありますが強いて言うならこれです

それは
「お母さんに感謝しな!」ってこと

ここまで育ててもらったのも、今も家で飯が食えるのも、全部お父さんとお母さんのおかげです。だから、必ずそのことを日々意識してください

もちろん、なんでも口に出して伝えるのは難しいと思います。だったら行動で伝えましょう。上手く伝わらなくてもいいです。伝えようとするのが大事なはずです。それできっと親はくみ取ってくれるでしょう。

今日こんな動画を見ました。30歳を過ぎて家に引きこもる人たちの動画です。



生徒たちがこうなったらと思うと、とても怖いです。もし、自分に子供ができて、こうなったらどうしたらいいのかと思います。こんな動画中2には何も関係ないと思うかもしれません。それでもこの動画を見ていて、「中2くらいの生徒たちってこんな感じだな~」と思ったのも事実です。共通点は「自分を客観視するのを恐れている」点でしょうか

今日は昨日に比べ抽象的な話になってしまった気がします。この時期の中2生はデリケートなので、僕も気を使います。少しでも彼らが成長していけるように、いろいろと工夫をしなくてはなりません。
昨日は中3の理社の授業でした

この時期はとにかく理科の勉強をがんばってほしいです。もちろん生徒たちにもそのことを伝えました。

この時期の中3に理科をがんばってほしい理由は2つあります。

1つ目は「とにかく難しい」からです。前期中間テスト範囲になる理科は中2の最後に習った天気、そして中3で習う運動です。

天気は湿度の計算に代表されるように、難しい計算のある単元です。また前線などの規模の大きい話が多く、なかなか想像がわかずに苦しむ生徒も多い単元となります。

運動は天気に比べると実はそこまで難しくない単元なのですが、どうも、速さの計算で苦手意識があるようで、毎年生徒たちは苦しみます。特に時速、分速、秒速の変換と、記録タイマーの場合の秒数がわからなくなるようです。

もう一つは前期中間テストが「逆転のチャンス」だからです。5科目のテスト、体育祭の準備や、修学旅行の準備、部活がまだあり、気がそぞろになりやすい。つまりここで上手に勉強できれば逆転のチャンスになりやすい最後のテストです。

みんなが点をとりにくい理科で高得点をとれば、順位も通知表も上昇間違いなしです。

では、そのためにはどうすればよいのでしょう?答えは簡単です。

4月から理科の勉強を始めるのです。まだ中3のワークはもらっていないようなので、中2の理科のワークに今から取りくんでいきましょう。そうすれば、次のテスト前がグッと楽になるはずです

今日は中3の勉強について書いてみました。中2や、中1についても書いていきたいと思っています
今日の日中たまたま見かけた動画に心を動かされました
これは中2に見せたい!
そう強く思った動画がこちら



なんだか気持ち悪いおっさんだな~というのが第一印象ですが
どうやら動画を見てみた感じ、僕よりも若いようです
内容はとてもいいですね。勢いのある動画です

生徒たちにも冒頭10分ほどを見せたのですが
ここから僕が気づいてほしいことは2つです

考えることってマジ大事!

行動しなきゃ始まらない!


別にこの人のようになってほしいわけでもないです
ただ、考えることってとても大事だし
それを生徒にも伝わるような表現で伝えてくれるから、とてもよい動画だと僕は思いました
行動して、だからこそ失敗して
それでも行動を続けられる人間が成功していくんだと
早く気づいてほしいです

今日の授業はこの話から
社長ってマジ最高だよって話になり
そこから塾の歴史になり、久々に30分以上話しました
それでも今日伝えたかったことが伝わるのなら大きな収穫です

考えて、考えて、考えて
行動して、行動して、行動して
また考えて、行動して…


それが楽しくやれる人間は最強だと思います
みんなにも最強に楽しい人生を送ってほしいですね
これまで蒼心塾で試行錯誤しながら試してきた結果
塾はこうあるべきだ!という形が見え始めています

特に、2年前にLepton英語
半年前に小学生向けのSKPを導入し
そこで学んだことを中学生の指導に応用させるようになってから
理想の塾の形がはっきりし始めました

理想の塾とは
学力を最大限伸ばす機関であるべきです

そのためにはいわゆる集団指導の塾では弱いでしょう
集団指導の良いところは効率の良さです
それは教える先生にとって、同じ説明を何度もしなくてもよいという効率のよさであり
一人の先生で最大限の売り上げをあげられるという効率のよさであり
個別指導の塾にくらべると安価で5教科を見てもらえるという保護者の方にとっての金銭的な効率のよさです

ちょっと強引ではありますが、
集団指導の塾に通うことは生徒個人個人にとって、勉強面での効率の良さにはつながりにくいと思います
ずっと集団授業をやってきた僕が言うのだから間違いないでしょう(笑)


これから求められる理想の塾というのは
生徒個々の状況に応じて、学習内容が変化させられる塾だと思います
それは単にわからないところに戻って学習しなおすだけではなく
できる生徒は、さらに上のレベルまで進んで学べる塾でしょう

自由に戻って、自由に進む
それが当たり前の環境
これこそ僕の思う理想の塾です

そして、今の蒼心塾の小学生の環境はそれに少し近づけているのではないかと思っています
小6内容の勉強をする小5生
小4内容の勉強をする小6生
小1内容の勉強をする小5生
それが一つの教室の中で混在していて
それぞれが成長していける環境

今の蒼心塾も、次に作る塾もそういう感じにしていきたいと思っています
今年度より新たに設定した新英語クラス「ステップ英語」
こちらは既存のワークを元に塾長加藤がカリキュラムを組みなおした
個別指導のクラスとなっています

中1生は、中1の内容を最初から順々に勉強していきます
今日で早い生徒は3回目くらいの授業
Unit0が終わるくらいの位置に来ています
まだまだ「英語に慣れてくれればいいな」というレベルです

中2生は中1の復習を進めています
だいたい今日でUnit3くらいまで来ました
この調子でいけば、あと2か月ほどで中1を終え中2の内容に入っていき
夏休み明けくらいには追い付き、追い越せたらと思っています

中3生はハイスピードで中1の復習を終える予定で
1か月半後には中2に入っていくはずです
そこから3か月ほどかけて中2の復習を行い、残り半年は実戦練習です

これらそれぞれ違う内容を、生徒たちは同じ教室で同時に取り組んでいきます
中1生が多い前半は、慣れるまでこちらも教室を回していくのが大変ですね

逆に3年生が多い後半は、スムーズに授業が回っていく印象です。

今のところ感じるこちらの手応えとしてはやってよかったという以外にないですね
結局、それぞれの生徒で躓くところが違うわけです
だからこそ、その躓くところに時間をかける必要があるはずです
それを僕が直接指導できるというのは自分としても大きな魅力ですね

欠点は1クラスの限界が9人ほどであるということくらいでしょうか?

新しい挑戦というのはわくわくするものです
それを自己満足に終えず、生徒たちに還元していくことを常に意識したいと思います
蒼心塾を閉めると宣言したのが今から3年ほど前のこと
5年後に閉めると宣言して3年たったので
あと2年で塾を閉じる予定です

なるべく正直にやりたいと思っているので
塾を閉めると言うこともチラシなどにも書くようにしています
そのおかげかどうかはわかりませんが、新規の小学生の入塾の動きには鈍さを感じますし
今年度の新中1に関しては小6からの持ち上がりで複数の生徒が退塾していきました

まあ、そりゃあそうです
これから無くなりますよ~って言っている塾に生徒を通わせるのは
おうちの方にもなかなか勇気がいることです
特に今年の新中1に関しては中3になるタイミングで塾が無くなってしまうわけですから
そこを不安に思う方が多いのも納得です

それでもです
それでも、蒼心塾を選んでくださる方がいらっしゃることを本当にありがたく思っています

ありがたいことに昨年度の4月時点での生徒数とほぼ同じか
少し多い生徒たちが蒼心塾に今年も通ってくれます
他の塾から移ってきてくださる方も何人かいて
他の塾も体験して、比較したうえでこちらの塾を選んでくださった方も何人もいます
ちょっとは余裕が出るかと思っていた座席数も、今年も限界ギリギリで進んでいくことになりそうです

あと2年、最後までこの勢いを継続していきたいですね
引き続きがんばります!





2018年4月現在
蒼心塾では中学生の募集を完全停止中です
現在入塾可能なのは、小学生のみです
詳しくはお問合せください。
本日より、蒼心塾の4月授業、2018年度授業がスタートしております
1年後に振り返った時に、あそこから確かに成長した!と言ってもらえるようがんばりたいです

新年度で、新しく入ってきた講師たちもいます
今日は講師たちにおくるアドバイスを載せておこうと思います

この時期の講師たちは、まだ生徒対応に慣れていないため
「なかなか生徒たちが言うことをきいてくれない」というのがとてもよくある悩みです
生徒たちからしても、新しい先生というのはテンションの上がるものです
色々と話したいという気持ちは理解できますね^^
だからと言って生徒たちに流されているだけでは、塾は成立しません

そこで、今日はアドバイスを書いて残しておこうと思います


新人講師たちへおくるアドバイス



何も与えずに生徒が言うことを聞かないというのは、

生徒が悪いのではなく、ただただ当たり前のことです

先生の話を聞くメリット、先生の言うことを聞くメリット、

そういったことを常に意識して発言をしていくと効果的です。

まずは何かを生徒たちに与えないといけません。

与えるものは、面白さでも、興味深さでも、新鮮さでも、励ましでも、なんでもいいです。

もちろん王道は知識です。塾なんで。

全体の前で何かを与えられなくても、

1対1で何かを与えられればそれが全体に広がっていくことはあります。

自分のやりやすいところから勝負していってください。

特に新人の先生たち、最初からうまくいかなくてもいいので、チャレンジを期待しています。

生徒が変わらないのではなく

生徒を変えるのでもなく

自分のやり方を変えるつもりで僕もがんばります。

本年度もよろしくお願いします。





ありがたいことに、本日も、中学生のお問合せをいただきました
そこで本日を持ちまして、正式に中学生の受付を一時停止したいと思います
新中1~中3の受付はしばらくいたしません
また再開時は告知したいと思います。
2018年4月2日 蒼心塾 加藤
体験授業を受けた後の子供の表情が他の塾と全然違う!とお母さんに言っていただけました
こういうのが何年やっててもうれしいと思う蒼心塾の加藤です。

2018年度より、月曜日に英語の授業を新しく開講しました
これまでの学年別に分けたクラス授業ではなく
無学年式で、それぞれが自分の進度に合わせて学んでいく形式です
授業は塾長加藤が担当します

そして4月からスタートするこの授業がめでたく定員になりそうです
無学年式で、講師が一人で教える分、1クラスの定員は8人程度が限界です
月曜の19時からと、20時20分からの2コマ用意したのですが
2コマ連続して受講する生徒もいるため、あっという間に埋まってしまいました
とはいえ、満席はまだ確定ではなく、あと3人ほど体験予約の段階の生徒がいますので
正確にはそれらの方が入塾したら満席となります

ありがたいことに、あと2年しか塾をやらないという
入塾に対しての大きなハードルがあるにも関わらず
新しく塾に入ってきてくれる生徒たちが何人もいます
今年は、よその塾から移ってこられる方も何人かいます
そんな生徒たちに、塾って楽しいところなんだ
塾で勉強わかるようになってよかったと思ってもらいたいですね

もし、蒼心塾に少しでも興味のある方はお早めにご相談ください
中学生はあと、1~2人くらいだったら、教科によってはお力になれるかもしれません
小学生はあと10人くらいなら国・算・英でお力になれます!
先日に引き続きアンケートの結果を載せておきます
蒼心塾に通いきるとどんな感想を持つのかをご覧ください

塾で一番印象に残っていることを教えて?


・勉強がすごく嫌いだったけど、自分から苦手な科目をできるようになっていたところ(M)
・先生の話。にゃんこスターをやった時めっちゃ面白かった(Y)
・漫画が多い、先生の髪が怖い、しゃべれる人がいる(R)
・卒業式、ウォーキング(H)
・合宿での勉強量にとてもびっくりした。だけどやりたくないとか全然嫌にならずに最後までやることができた。やって良かったと思った。(A)
・生徒に真剣に向き合ってくれる先生がいて、どこの塾よりもいいと思いました。苦手な教科が得意になれたのも、蒼心塾のおかげだと思います(K)
・ウォーキングで40km歩くことにとてもびっくりしました(S)
・3年生になってほとんど1週間毎日塾に来ていて、あんなに勉強したのは初めてだったこと(N)
・みんなフレンドリーなこと(N)
・合宿でTが居残りをして部屋に戻ってきたときにカギをかけて寝てしまったこと(R)
・合宿で深夜まで勉強をすることは一人では決してできませんでした。勉強以外でも楽しかったです(S)
・加藤先生が塾で話した雑談が一番心に残っています。中でも好きなことに全力でいてほしいというのが印象的です。私が将来○○に進みたいと思ったのはこの言葉がきっかけです。好きなことを全力でやって、楽しく過ごすのが一番!!それを教えてくれたのが先生です。ありがとうございました(Y)
・中3の冬くらいは人生で一番勉強した気がするし、最後は成績が一番伸びたから(A)
・ウォーキングが40kmあったけど、意外とスムーズにゴールできた(Y)
・ガチンコのプリントの量と、合宿で部屋に入れなかったことと、先生方の教え方がとてもうまかったこと(T)
・ガチンコで一日中塾に監禁。ウォーキングで40km歩いたこと。トライアスロンで何度も漢字を書いたこと。

生徒全員分の感想です。
文章で書く生徒もいれば、箇条書きにする生徒もいるのがリアルですね。