蒼心塾でLeptonを導入してから1年が過ぎました
正確には1年と3か月ほどでしょうか

ここまでやってきてふと気づいたLeptonのすごいところを発表します

なんと

ここまで

Leptonは・・・

退塾者0人です!

特に気にしていなかったのですが

蒼心塾でも、AimでもLeptonコースの退塾者が1人もいないのです

これは、はっきりとLeptonの魅力を表していますよね

他の英語塾から移籍してくれた生徒たちも何人かいますからね

もっともっとLeptonの魅力を発信して、受講生を増やして

Leptonで英語好きになった~という生徒を増やしたいと思います

また7月には入会キャンぺーンも実施します
興味のある方は6月中の体験授業がお勧めですよ!
今日も朝から南中生のガチンコです
生徒たちはとても良い集中を見せてくれています
こういう姿が見れるのは気持ちいいですね

特に感心させられるのは中3生の集中力です
やはりテスト週間に入ると、最高学年という雰囲気がぐっと出てきます
本人たちはまだ自覚がないでしょうが
周りの中1・2と比べると明らかに勉強の精度が高いですね
間違えた問題を黙々と解き
わからないところをきちんと質問してくれます

さて、そんなガチンコの昼休み
一昨年度まで蒼心塾とAimで活躍してくれたA先生がお菓子を差し入れに来てくれました
嬉しいですね
こうして、卒業した講師が、暇な時間を見つけて遊びに来てくれるというのは
生徒たちもうれしそうな表情と、誰?という表情が半々でした(笑)

A先生は今、豊田市の中学校で英語教師をしています
想像以上に中学校の先生はハードワークのようです
似た仕事である塾講師という立場から見ると
学校の先生の仕事ぶりは尊敬せざるを得ない部分が多くあります
体を壊さない範囲でがんばってほしいと思います
今日は朝から南中生のトライアスロン&藤中体育祭です

南中生は朝から暗記科目を中心に自習をがんばっています
良い雰囲気ですね
さて今日は藤中の体育祭メインで書いてみます

今回は塾の先生たちが交代で藤中の体育祭の見学に向かいました
南中のガチンコと並行しての体育祭だったため苦肉の策です(笑)
体育祭では塾生たちが各先生に声をかけてくれて嬉しかったです
選抜リレーに塾生がいっぱい走っていてびっくりしました
また校長先生へのサプライズには感動しました
毎年思いますが、とても良い雰囲気の学校だと思います

藤中の体育祭の良いところは
保護者や地域の方々と生徒たちとの距離が近いところにあります
リレーの応援など、入場門の横くらいから見ることができます
これは南中と大きく違って、とても好きです

そんな藤中の体育祭
今年は生徒たちの座席の後方にピンクのロープが張られていました
不審者対策で、保護者と距離をとろうとしたのでしょうか?
寂しいなぁと思ってみていたのですが
どうやら、ロープから内側に入っても何も問題は無さそうでした
(もしかしたら入るなというアナウンスがあったのかもしれません
でも、僕が見に行った昼以降でそういった案内はありませんでした)

不安をあおるニュースが多い時代です
また実際に事件が起こってからでは遅いというのもわかります
それでも、地域の人々に開かれた雰囲気の藤中の体育祭が僕は好きです
ぜひこの雰囲気が続いていくように、
生徒も、保護者も、先生も、地域の人たちも協力していける雰囲気作りが大事なんだろうなぁと考えさせられました

それでは生徒たちの指導に戻ります
明日も塾は開いています
藤中の生徒たちの自習参加もお待ちしています
昨日、中1の保護者の方からお電話をいただきました

簡単にまとめると

「小学校の運動会に子供が行きたいと言っているけど
塾としてはありなのですか?」


こんな感じです

数年前の僕だったら

「ナシに決まってますので塾に来させてください」

と、答えるところでしたが
最近は強制をさせればさせるほど、子供のやる気というものは削がれていくのではないか?と考えていますので
ちょっと生徒たちに話をしてみることにしました

余談ですが、卒業した中学生が小学校の運動会を見に行ったり
高校生が中学校の体育祭を見に行くのは自分たちにそういう文化が無かったので
基本的に違和感を感じます。
「おまえらそれイキりたいだけじゃん」と
・・・まあこれはおっさんの戯言でしょう。

さて、生徒たちには

「小学校の運動会を見に行くから塾を休みますってのは
遊びに行くから塾を休みますってのと何も変わらないので
基本的にナシだと俺は思っている」


と伝えました
でも、これではただダメ出しをしただけに終わってしまいますので
もう少し追加で伝えました

「ただサボるつもりではなく、見たいものを見たらきちんと帰ってきて
その分、自由参加の夜の自習もがんばるのであれば
それはそれで良いことじゃないかと思う
だから自分で、どうしたらよいのか決めて
そのうえで運動会に行きたいと思う子は相談しなさい」


こんな感じです
さらに土曜日にどのような勉強を塾で行うのかの説明もしました
これで生徒たちは前向きに自分で考えて行動できるのではないかと思います

こういった指導の方が気を遣うめんどくささもありますが
自分で当たり前だったことをいちいち考えて
これまでとは違う結論を出していくのは
難しくもあり、その分成長している部分もあるように思います

いずれにしても、より子供の成長の手助けができるように
先生側も引き出しを増やしていけたらと思います

ちなみに中1の生徒たちの勉強の様子は
まだまだ学校の提出物で苦戦している状況
ようやく焦りのようなものも見え始めました
提出がゴールじゃありません
理解がゴールだと早く気付けるように伝えていきたいです
生徒たちは日々、テスト勉強をがんばっています

大人(自分のことです)は困ったもので
生徒たちがすでにがんばっているのに
もう少しがんばらせるためにはどうしたらよいのだろう?

と考えてしまいがちです
実際に僕もついさっきまでこう考えていたので、このブログを書いて気持ちを落ち着けることにしました

大事なのは生徒たちを認めてやることです
生徒たちががんばっていることを認めてやる
すると生徒たちはやる気が出る
そこでようやく、より子供達はがんばれるわけです
この順番を間違えないようにしたいと思います

今日もガチンコの指導がんばります!

あ、そうそう
先日ブログに書いたスーパー飛び級
来月初旬に大阪まで見学に行くことが決定しました
来年度からの導入となりそうなので
閉まる予定の蒼心塾には経営的なメリットよりも
導入によるデメリットの方が大きそうですが
それでもやってみようと思います
今日は朝から受験生用の合宿の下見に行ってきました



今年の合宿は岐阜県の郡上八幡自然園です
昨年度まで利用していた飛騨清見(高山)に比べると格段に近くなりましたね



なかなか広い施設、そしてなかなかきれいな施設でした
今年も合宿は行えそうです
昨年度までの会場と比べると、風呂が広いのがとても良かったですね
昨年度までのお風呂は同時に入れるのが5人程度で、何度も何度もローテーションが必要でしたが
今年は20人は同時に入れるサイズでお風呂の時間に余裕が持てそうです

ここから合宿の準備が始まっていきますね
夏休みまで一気に駆け抜けたいと思います
今日もガチンコです。
昨日もガチンコでした(当たり前)

ガチンコで生徒たちを見ていると2つの感情が湧いてきます

1つは「良く集中できているな~」と生徒たちに感心する気持ち
昨日が初日でしたが、例年に比べて中1の集中具合がとても良かったです
中2、中3は言うに及ばず、とても良く頑張っていました

もう1つは「このペースじゃ全然間に合わんぞ」と焦る気持ち
良く頑張っているけど、今そこっ!?って思ってしまいます
焦ってもしょうがないと思いながら、いつも焦ってしまいます

最近は後者の気持ちをなるべく生徒たちに伝えないようにしています
こちらが焦らせたって、間に合うようにペースアップしないからです
がんばっているのに小言を言われたってペースダウンするだけですね

小言を言うのではなく、どう励ますのか?
そこを毎日試行錯誤する日々です
これがなかなか難しいんですよね~
なんだか年々、生徒たちに語るのが苦手になっていきます

今回はこちらが声がけをしなくてもすこしでもやる気が出るように
生徒たちに宣言を書いてもらいました

たとえばこんな感じです

加藤誠2017年6月1日
数学のテストで95点以上とること
宣言します!


アンダーラインの引いてある部分が生徒個々に違います
これをそれぞれの机の上に貼り付け
嫌でも自分の目に入るようにしてあります
中々集中できなかったり、あきらめ気味になってしまう時
焦ってしまう時などはこの宣言を見て
宣言を書いた時の気持ちを思いだしてほしいのです

別に宣言を達成できなくても何のペナルティもないです
だって目的は自分から目的意識をもってもらいやる気を出すことです
それさえできれば、書いたかいがあるというもの

始めは全体から見えるように貼りだそうと思いましたが
やめて個々の机に貼ることにしました
だって宣言は自分との約束ですからね
自分との約束を守れる人はかっこいいです
うちの塾の生徒たちにはカッコよい人を目指してほしいです
今日からガチンコスタートです!
早くも中2のMとNが勉強に来ました
早目早目に動いていきましょう!

今日のブログは週末のことを書いてみます

土曜日は南中体育祭の見学をしました
みんながんばっていましたね
丸一日ずっと見学していたら、ものすごい日焼けをしました
舐めてました
日焼け跡が痛くて、土曜の夜はなかなか寝付けなかったくらいです

日曜日は朝からスーパー飛び級という新しい塾の形の勉強をしに行ってきました
現在、大阪を中心に広がりを見せているスーパー飛び級
前々から興味を持っていたところ、名古屋で説明会をすると教えていただき
名古屋の徳重まで聞きに行ってきました

スーパー飛び級とは簡単に言えば、小学生の間に高校生の数学まで進めてみようという教材です

いただいたチラシには
「中学入学時には高校生の学力をもち、高校入学時には、難関大学受験レベルの学力をもつ
そのような圧倒的な学力と時間のアドバンテージを築く」
と書いてあります

こうやって聞くと小学校の間から詰め込みしていくのかな~と感じてしまいますが
素晴らしいのはその理念
「押し付けない」「勉強を楽しみ・面白がる子供を育てる」
教材も見せてもらいましたが、確かにこれなら子供が自立して学習できるようになりそうだと強く感じました


いいですね~
レプトンを知った時と同じ匂いがプンプンしました
「これなら子供が伸びるんじゃないか!」
「自分に子供がいたらやらせてみたい!」っていう匂いです

蒼心塾でも導入したい気持ちはあるのですが
ネックなのはこの塾がもうすぐ閉まるということですね
果たして、あと2年半程度の塾で導入して、生徒が集まるのか?

興味がものすごくあります
やったらどうなるんだろう?という期待感もあります
しばらく悩んでみたいと思います

スーパー飛び級興味あります!とか
やらせてみたいです!って人はなんでもレターか
このブログへの拍手をおねがいします
いよいよ明日は南中の体育祭ですね
生徒たちは楽しみに思う気持ちが強いのではないでしょうか?
低学年はめんどくさいと思う気持ちもあるのかな(笑)

週が明けて月曜日からはガチンコが始まります
昨日の中1の授業では、持ち物や、おおまかな流れを説明しました
引き続き声をかけていこうと思います

いつもだったら月曜日は振り替え休日となるため
昼から塾を開けて、自習室開放とするところですが
実は次の月曜日は合宿の下見のため、昼から塾を開けられません
なるべく16時には開けておけるようにしますので
自習に使いたい生徒はその辺りの時間を目安にしてください

明日の体育祭、そして来週の藤中の体育祭は先生たちと見学に行く予定です
髪の毛の色を目印に探してもらえればうれしいです
読書メーターというサイトで読書数を管理するようになって半年ほど経ちます
月ごとのデータや、これまでの平均値などが見れて、とても気に入っています
自分はよく読む方だと思っていたのですが、それが数値化されるのでとても楽しいです

これまでの僕の最高はたしか3月に記録した月間100冊です
もちろんほとんどマンガです
活字の本は月平均にするとおよそ2冊くらいでしょう

自分の中では月平均60冊を目標に読んでいます
1日平均2冊ですね
ただ最近はGWがあり、さらにはツタヤで大量の漫画を借りていたので
4月:95冊とかなりハイペース
そして5月は18日時点で93冊とさらにハイペースです
今月は100冊の壁を越え、自己ベストが出せるのではないかと楽しみにしています

さて、読書メーターをつけるようになって気づいたのですが
本をいっぱい読もうと思うと、他のことをやっている暇はありません

ゲームをやっていたら本を読む時間はありません

テレビを見ていたら本を読む時間はありません

youtubeを見れば見るほど本を読む時間は無くなっていきます

僕は本を読むのが好きです
特にマンガを読むのが好きです
その好きなことをやるためには、他のことに使う時間を削らないといけません
時間は有限なのです

もし子供達に本を読ませようと思ったら
当然その時間を確保しないといけません
意外とこの辺りが、本を読まない人の盲点のような気がします
ただ読めと言っても読めない理由もあるのです
場合によっては本以外のものを
生活の中から削り落とす必要もあるかもしれません

我が子に読書をさせたいご家庭は、その辺りにも目を向けてみると
ちょっと変わるかもしれませんよ