現在4:49です
夕方だったら良いのですが朝です
授業終わってから床で寝てしまい
起きてから慌てて仕事を一通り終えたところです

新しいことに慣れるには時間がかかります
そして、そこで試行錯誤をしながら仕事を自分のものにしていかなくてはいけません
まだまだしばらく試行錯誤は続きそうです

新しくSKPの授業を始め、塾生の体験授業がいったん落ち着き始め
今週からは新規の生徒たちの体験授業が始まっています
なるべく営業トークをしないように気を付けているのですが
なにせ、新規の方へのご説明も久しぶりなので
何をしゃべったら良いのかよくわかりません(笑)
満席が続くと営業力が落ちるというのは面白い発見でした

本当は昨日、一昨日と行ってきた京都のフェスの話をしたいのですが
気持ちがなかなか切り替わらないので、今日はいったんこんなもので帰ります
また明日も頑張りましょう!
今日は2017年7月7日
蒼心塾が始まってちょうど8年が経ちました
毎年、毎年、開校記念日のこの日にチラシが入れるのが趣味です
新聞取ってないからチラシ見れんわ~って人は教えてくださいね
塾に少しだけありますから

開校から8年経って、当時の意味不明の勢いは消えました
あの頃は実績も無いのに連日の大量の問い合わせをいただき
それらを片っ端からことわりまくってましたからね
「満席で入れない」って噂が広まってからは問い合わせもぐっと落ち着きました
ちょっと寂しいです(笑)
8年前のチラシには「藤岡一番の塾を目指す」と書きました
書いた瞬間、少し恥ずかしく、でもこう書ける自分が少し誇らしく
そして、これでしょうもない塾だったらやっぱり恥ずかしくなっちゃうなぁと思ったことを覚えています
どうですかね?この8年の間にせまいせま~い藤岡の中では塾を選ぶ際の一番手になれたのでしょうか

8年経って、今の蒼心塾が一番よい蒼心塾だと思います
8年前の蒼心塾では、今日の蒼心塾には全く勝てないでしょう
だって、8年の間に僕も蒼心塾はさらに進化を続けています
一番大きいのは生徒対応の変化ですね
生徒たちを叱り飛ばすことが減り、生徒たちを認めることが増えたように思っています
(僕だけの思い込みなら恥ずかしいです)
昨年はLepton、今年はSKPと新しい教材も積極的に導入しています
SKPに関しては愛知県初導入ですよ!
こんな田舎の塾が全国的に知名度が上がりつつあるすごい教材をいち早く導入しているわけです
まだまだ残りの期間も色々と試していきますよ!

卒業生のみんな
保護者の皆さま
そして今も通ってくれている生徒たち
いつも助けてくれる講師たち
本当にありがとうございます!

皆さんがいてこその塾です
蒼心塾が良い評判をいただけるのは
98%みなさんのおかげです
僕の力はせいぜい残りの2%です
残りの2%を誇りの2%として、これからもがんばります!
8周年の蒼心塾をよろしくお願いします!
一昨日のブログの続きです
一昨日のブログはこちら
過去一番ぶっちゃけたこのへんの高校の話~普通科編

意外と拍手ボタンを押してもらえたので、今日は専門科編で書いてみたいと思います
念のため書いておきますが、2017年7月時点の僕の個人的な印象です
もちろんベースには卒業生や、現役生の意見がありますが
実際にどうなのかは入学して自分で確かめるしかない部分があります

豊田東高校
○長所:高校入学後に様々な進路を選ぶことができる

・入学した生徒たちが楽しそうなのが大きな特徴
・比較的学校が新しい
・就職も進学もどちらも選べる懐の深さ
・美術や音楽など、近隣の学校にはないコース選択ができる

×短所:大学受験に対して本気になる生徒が少ない
・推薦ではなく、受験して大学を狙おうと思うと、高校の中では少数派となっていくので、勉強を続けるのに強い意志が必要
・駅から遠い
・女子校の流れを汲んでいるので、男子が少ない


猿投農林高校
○長所:就職に強く、通っている生徒たちが楽しそう
・高校が楽しいという声がよく聞かれる
・藤岡から近いので通いやすい
・就職に強い
・勉強が簡単、かつ勉強量も少ない

×短所:大卒という強い資格が取れない
・高校時代にどんな資格を取ろうとも、一番就職にあたって無難で良く使える資格の「大卒」が取りにくい
・就職には強いが、決して条件面の良い就職先ばかりではない
・転職時に、選択肢の少なさに苦しむ可能性あり


豊田工業高校
○長所:就職に強く、様々な資格が取れる
・就職後も使える資格がとりやすい
・就職に強い
・近隣の工業高校に比べ就職により強い(らしい)

×短所:実質男子しか通わない。
・汎用資格である「大卒」が狙いにくい
・そのほか農林と同様の短所を持つ
・藤岡から遠い
・農林より少し入学時の難易度高め


豊田高専
○長所:圧倒的な自由
・5年制の国立の高校なので、普通の高校とは校則や雰囲気が全く違う
・高いレベルで専門的な内容が学べる
・留学する生徒が多い

×短所:勉強内容に興味が持てないと苦しい
・簡単に入れない(豊田西が狙えるくらいの実力が必要)
・勉強内容に興味が持てないと苦しい5年間となる



専門科を目指す場合はとにかく学校内で上位にいることを考えましょう
なぜなら高卒の就職は、大卒の就職活動とは違うからです
自由にどんな仕事でも選べるとは思わない方が良いです
限られた選択肢の中から成績順に就職先を選んでいけると思ってもらっていいと思います

先日話をした農林出身の生徒は
「高校は楽しかったけど、今の就職先の待遇は不満だ」と話していました
要するに給料が安いということです
先日話をした工業出身の生徒は
「転職しようにも、大卒が条件の職場が多い」
「やり直せるとしたら高校の勉強をもうちょっとがんばって進学したい」
と言っていました

専門科は就職に強いです
しかも豊田市はそれなりに条件の良い職場に高卒で進みやすい地域だと思います
ただそれを手に入れるためには高校内の成績が良くないと厳しいです
適当に就職して、不満を持って、より良い条件の職場に転職しようとすると
「大卒」という資格の強さを思い知ることになります
その厳しさを卒業生たちと話していて強く感じる昨今です


結局のところ、自分の人生をどう生きるのか?
そこをどれだけ早く考えられるようになるのか?
中卒だろうと、高卒だろうと、大卒だろうと
そこを問われているのだと思います
人生はいくらでもやり直しがききます
ただ気付くのが遅ければ、だんだんとやり直しも難しくなっていきます
早く自分の人生を自分で動かせるようになりましょう
そこに気づいた瞬間から人生は始まっていきます!
どんな進路でも、結局前向きにがんばったやつが強いんです!
ネット上で得られる高校情報は玉石混交で、情報の出所がわからないものも沢山あります。
情報鮮度を明記して情報の出所を明確にして踏み込んだ内容だったり、親からしたらどうでもいい内容などをお送りしたくて作ったコーナーです。(さくら個別指導学院:國立塾長より)

今日お送りするのは杜若高校(文理コース)です
前回の1年生レポートに続いて2回目の文理ですね
前回のレポートはこちら→杜若高校(文理コース)レポート
レポートは高3生のMくん

杜若高校3年Mくん
杜若3年Mくん


■記入日 2017年6月 学年3年

■通学手段
自転車なら40分
バスなら20分
どちらでも行けるようです
農林・豊田と並んで、藤岡から通いやすい学校です

■校則
茶髪はクラスに0人、ピアスはクラスに0人
カーディガンは指定
かばんは自由
携帯・スマホは持ち込みOK
女子はキュロットスカートあり
男子の靴下は自由、女子は指定

■行事
学校祭は今年から2日間(去年まで1日)
模擬店はあり
バンド演奏はあり
去年は3年文理コースは出し物なりだったが、今年はやっても良いらしい
数年前まで学校祭自体が無かったらしい。
南中の方が楽しかった
※南中は中学校の中ではだいぶ自由な文化祭ですね

■大学受験へのサポート
課題はたまに、量は少ない
補習は夏休み・冬休み・春休みに強制である
早朝テストは毎日ある
学年によって変わるけど、だいたい毎日ある

■学校全体で大学受験の雰囲気はあるか
一部のクラスだけある
※きっと文理のことでしょう

■国公立大学を目指すなら
クラス40人中で?番以内にはいるべき
よくわからない

■この学校の良いところ
修学旅行が楽しい、トイレがきれい

■この学校の嫌なところ
特進・総合がうるさい

■最後に同じ高校を目指す後輩へメッセージを
Fight!

以上です。
Mくんありがとう!
以前「杜若に入ってみてどうだ?」と聞いた時に杜若で良かったと答えてくれたのが印象に残っています
ただ部活の面がちょっと残念なようですね
文理コースの勉強との両立の難しさだけではなく
私立なので強豪の部活は強すぎて実質選べなかったりもするようです


次回は豊田高校のアンケートを予定しています

この企画の生みの親「さくら個別の國立先生」のブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓
さくら個別のブログ
土曜日の夜に、1期生の生徒たち、そして講師たちとゲーム大会をしました
昔から、何か月かに1回、塾でボードゲームを楽しむ会を開いています
忙しい仕事を忘れ大いに楽しみました
参加してくれたみなさんありがとう!

今日はそこで話したことを元に、前々から考えていたことを付け加えてちょっと踏み込んだ内容を話そうと思います
それは現時点(2017年7月)の僕が近隣の各高校に対して思っていること
面談などで話ていることを思い切ってぶっちゃけようということです
卒業生たちに聞いた話を元にしてはいますが
これが正解かどうかはやっぱり通ってみないとわかりません
また実際に母校についていろいろ言われて、おもしろくない気分になられる方も多いでしょう
あくまでこれから入る受験生のためと割り切って、誤解を恐れず書き切ってみようと思います
それでも不快だと言われれば、すぐに消します
それも責任だと思いますので

今日は普通科編でいきます

豊田西高校
○長所:大学受験に強い
・生徒たちの勉強に対する意識がそこそこ高い
・入学に必要な学力が高いので、高校内の順位が低くてもそれなりの大学を受験できる
・卒業後は大学進学という進路を達成できているので、あまり悪く言われない

×短所:学校生活において勉強以外の要素がつまらない
・かなり厳しい校則、特に特徴のないイベントなど、実際に通う生徒たちの評判は良くないことが多い


豊田北高校
○長所:大学受験にそこそこ強い
・学校側の勉強に対する強制力が強い
・上位層の成績は決して西高に引けを取らない

×短所:学校側の締め付けが厳しいわりに、落ちこぼれるとサポートはしてもらいにくい
・上位層と下位層の成績格差が広く、内申があり実力不足で入学した生徒、大学進学に強い意欲がわかない生徒はギャップに苦しむ姿が見られる。
・厳しめの校則、課題の多さなど、学校生活が「やらなければいけないこと」であふれている


豊田高校
○長所:通いやすく、入りやすい
・藤岡からはとても近く、バスでも、自転車でも通えるのは良い
・平均で内申30ほど必要だが、実際にはもう少し下でも入れるので、印象よりも入りやすい学校
・実はサッカー日本代表吉田の母校

×短所:特徴が薄い
・普通科ではあるが、進学校と言い切れるほどのレベルに達する生徒が少ないため。意外と受験して大学に入学する以外の進路(専門・推薦による大学入学)も多い。
・進路に対する学校のサポートに不安あり(保護者や生徒による経験談より)
・就職に不利


加茂丘高校
○長所:勉強に目覚める生徒が多い
・入学するのに特別高い成績は必要なく、また入学後の勉強内容も難しくないことが多いため、高校入学後に勉強をがんばる生徒たちが多い。
・古くからある高校のためか、進学、就職、どちらでも選択できる懐の深さがある。
・3年間通ってみたら良い学校だったという意見も良く聞かれる

×短所:なんとなく悪い印象を持たれやすい
・多くの生徒が中退するなど、地域の方から良い印象を持たれないことがある
・進学したは良いが、高校の勉強が難しく無いため、大学の勉強についていくのに苦労することがある
・地元の人間が多く、交友関係が広がりにくい。


杜若高校
○長所:手厚いサポートと通学バスによる通いやすさ
・共学科や、少人数によるクラス編成など、公立とは違う魅力を作ろうと学校側ががんばっている
・平均値で比較すれば北高に引けをとらない進学実績(ただし文理科)
・地元までバスが来てくれるので通いやすい
・入学した生徒たちの満足度が高め

×短所:公立高校よりお金がかかるところ
・私立なので、様々なところでかかるお金まで考えると、やはり公立より高い
・共学化して間もないため、特に女子生徒の進路・就職などにどれくらい学校側が力を発揮できるか未知数
・強豪の部活には入りにくかったり、文理コースだと部活と両立しにくかったり、部活選びに制限がかかりことがある
・加茂高同様、なんとなく悪い印象を持たれることが多い


なるべく普段の授業や、保護者面談で伝えていることに忠実に書いたつもりです
結局のところは、どこの高校を選んでも一長一短あるのです
そして、その先の進路によって高校生活の評価って変わるものです

だからこそ、良く考えて、納得して受験しましょう
そのうえでの失敗ならいくらでもやり直せばよいのです
高校生活は貴重な時間です
だからといって人生のやり直しがきかないなんてことはないのです!
ネット上で得られる高校情報は玉石混交で、情報の出所がわからないものも沢山あります。
情報鮮度を明記して情報の出所を明確にして踏み込んだ内容だったり、親からしたらどうでもいい内容などをお送りしたくて作ったコーナーです。(さくら個別指導学院:國立塾長より)


今日お送りするのは猿投農林(林産工芸)です
レポートは高3生のTくん

初めての猿投農林のレポートですね
農林は卒業生も多く進学しているので他にもアンケートは回収済みです
いずれ農業科のレポートも出てくるでしょう


猿投農林3年Tくん
農林Tくん


■記入日 2017年6月 学年3年

■通学手段
自転車25分
(バス15分)
どちらでも行けるようです

■校則
頭髪は(茶髪はクラスに0人、ピアスはクラスに2人)
カーディガンは指定
かばんは指定
携帯・スマホは持ち込みOK(申請を出す)
ピアスがいるのが珍しいですね。
学校で許可されているわけでは無さそうです
スマホの申請も珍しいかな

■行事
学校祭は一般公開あり
模擬店はクラス
バンド演奏は無し
有志発表はあり

■大学受験へのサポート
課題は休日のみたまに、量は少ない
補習は夏休みなどにある (成績不振者のみ)
早朝テストはない

■学校全体で大学受験の雰囲気はあるか
あまりない

■国公立大学を目指すなら
クラス40人中で5番以内にはいるべき

■この学校の良いところ
野菜や卵など学校で育てた新鮮なものが安く買える

■この学校の嫌なところ
女子がうるさい

■最後に同じ高校を目指す後輩へメッセージを
先生や先輩が優しいし、頼りになるので、わからないことがあれば何でも答えてくれるから遠慮なく聞いてほしい

以上です。Tくんありがとう!
進路の話を聞いてみたら、意外と先のことまで考えていたのが印象的でした
高校生活が抜群に楽しそうなのが農林の特徴ですね
その分、卒業後、就職してから転職などで思い悩む生徒もちょくちょくいるようです
進路選択って難しい~~

次回は杜若高校(文理)のアンケートを予定しています

この企画の生みの親「さくら個別の國立先生」のブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓
さくら個別のブログ
面談、SKPの準備、授業、そして祖父の葬儀関連
なかなかハードな日々は続いております
今週末は土日とも塾で仕事をすることになりそうです。

ありがたいことに、SKPの体験申し込みが増えつつあります
高校生の体験が2名
中学生の体験が1名
小学生の体験が2名
保護者の方が興味を示されているのが2名(上記とは別)
外部の方で説明を待たれているのが2名

久々ですね、こうやって多くの方に求められるのは
ここ5年くらいなかった感覚です

どれくらいの方が実際に授業を始められるかわかりませんが
少なくとも、昨日小学生用の算数教材を打ち出してみた感想は…
「これは良い!」です

来週の体験の準備をがんばります!
先日、祖父が亡くなりました。
100歳まで生きたという事実だけで、もうすごいなぁと思います

100年前といえば1917年ですから
歴史上の出来事でいえば、第一次世界大戦真っただ中です

20歳になった頃の1937年には日中戦争

終戦を迎えた1945年に28歳

こうやって考えると祖父の人生は、歴史で学ぶような出来事にもろに重なっています
日本という国が、とても苦しかった時代に青春時代を過ごしてきた祖父に
もう少し若かった頃のことを聞いておけば良かったと今は思います
アホですね。今更そんなこと思っても、もう遅いわけです
結婚相手や、ひ孫を見せられなかったことも、ちょいと残念です。

明日は祖父の通夜に行ってきますので、少し授業開始に間に合わなさそうです
先生たちに指示を出しておきますので、中3のみんなはよろしくね
平方根のテストと、宿題の確認からです
基本的に塾のある日はブログの更新をするように気をつけているのですが
昨日は久しぶりに更新できませんでした
面談で僕がしゃべりすぎてしまったのも原因です(笑)

ちょっとハードスケジュールが続いています
でも、生徒たちも、保護者の皆さんも色々とやりくりしながらがんばってくれています
負けずに僕もがんばります



こんな音楽もやる気の源です
ひっじょ~に忙しい毎日が続いております

どれくらい忙しいかを、読んでる本のページ数で表現すると
先月が796ページ/日だったのに対して
今月が210ページ/日というところからも伝わるのではないでしょうか?
約4分の1でしかマンガ読めていません
つまり5月の4倍忙しいです(本当か?)

忙しい原因はいくつかあるんですが
最大のものが7月スタートのSKPの準備ですね
おかげさまで現役の生徒たちにやその弟妹にも興味を持っていただいているようです
来週頭から案内配布する予定なので、もうしばらくお待ちください

続いて面談期間であること
これはしょうがないですね、たぶん僕がしゃべりすぎなのでしょう
30分を目安にしていますが、30分以内に終わったことないですからね
平均50分くらいは話しています
たぶん、同じことを何度も言っているのでしょう
しつこくてすみません

最後に夏期講習(合宿)の準備でしょうか
こちらは例年通りとはいえ、やはり色々と細かい変更はあります
後悔の無いようにがんばりたいです

明日は今年度初のJET(Junior English Test),もあります
もうすぐ8周年ということでチラシもいれます

なんだか最近、仕事をがんばろうという意欲が湧いています
それを支えてくれるものの一つが音楽です
今日は最後に僕のおすすめを紹介して終わりましょう